伝えたい言葉、と書いて伝言。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/14
ファン目線
貴方に気がついてもらえたら
どんなにうれしいだろう
貴方が振り向いてくれたら
どんなに泣きたくなるだろう
貴方のことを想うだけで
鼓動が速くなるのはどうしてだろう
もしも
私の言葉に気がついてくれたら
もしも
その言葉に答えを返してくれたら
うれしすぎて
止まってしまうかもしれないね
貴方への想い
どうして私のなかに
こんなにあふれてるんだろう
話したことも
触れたこともないのに
ただ、私が知ってるだけの
貴方に
どうしてこんなに狂わされるの
遠くにいた貴方の目線が
私を見てくれたと錯覚した時も
うれしすぎて苦しかったよ
気がついてくれたら
みつけてくれたら
そう願わずには
いられないんだ
どうか、お願い。
私をみつけて
スポンサーサイト
Copyright © 2005 夢幻想楼~伝言~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。