伝えたい言葉、と書いて伝言。
02 * 2008/03 * 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/24
そら(宇宙)
たくさんの星があって
地球はそのなかの一つで
たくさんの星があって
そのなかにはきっとどこかに
地球に似た知らない星があるはずで
たくさんの星があって
たくさんの命があるはずで
宇宙はどこまで続いてるんだろう
宇宙のはじっこってあるのかな
宇宙の外にはなにがあるんだろう
宇宙はなにかの影だとしたら
その影の本体は
なんなんだろう
宇宙が果てしなすぎて
いま無性に自分が小さくみえる
いまならなんでもできる気がするけど
つまらない大人にはなりたくないから
まだ子供でいたいと
現実に甘えてしまってるから
いっそのこと
宇宙を飛んでみたいと思う
スポンサーサイト
03/23
ツタナイことば
どんなに綺麗なことばをならべても
想いがなければ嘘になる
どんなに残酷なことばでも
時が過ぎれば消えてしまう
人はみんな
いつかの記憶さえも
いつのまにか
嫌なことも楽しいこともぜんぶ
忘れてしまうのね
だけど
もうあれから
4年もすぎてしまうけれど
あなたはきっと消えないわ
ずっと私の記憶の中で
大好きな笑顔で
生きているから
私のまわりの大好きな人は
たとえ触れられなくなっても
私の心のなかにずっといる
人は誰かの心のなかでなら
永遠になれるから
03/21
帰り道
20080321232446
一人だと思っていた?
いいえ
私は知ってた
あなたが見守ってくれてること
まっすぐに進んでも進んでも
見上げた先には君(月)がいる
暖かい光で
冷たい夜空を照らしている
私は知ってるの
暖かい想いが
たくさんの想いが
私のまわりには溢れてること
私は知ってるよ
君(月)もひとりじゃないってこと
あのひとがいないと
輝けないこと
私はいつも
ありがとうの気持ち
忘れないよ
だから今夜も眠る前に
君(月)への祈りを忘れないわ
いつも照らしてくれて
ありがとう☆
03/21
ひたすら
新しい靴をだした
新しい日々を歩くため
時には必死になるのもわるくない
だから歩いてみることにした
この新しい靴が
磨り減るまでまっすぐに
ただひたすらに
私は明日も生きていたいから
明日も新しい出会いがあるはずだから
だれかの心のなかに
新しい出会いを残しておくために☆
03/21
おとぎ話の削除
初めて自ら削除を選んだ
私の中から存在を消す
いままででこれほど
誰かに嫌悪をもったことはない
最初から間違っていたのね
最初から、私の中で
あなたは邪魔でしかなかったみたい
携帯のアドレス帳から
ボタン一つで消えてしまう
それだけの存在でしかなかったみたい
ただの一度も君を友達として
誰かに話したことはなかった
ただの一度も、本心を語ったことはなかった
歩みよろうとさえしない君を
少しでも気にした時間は
無駄だったみたいね
露骨な態度は一番嫌い
静寂を打ち消すための話題さえ
君との共通点はないけれど
それでも少しでも
楽しめるようにわかりやすく表現していても
勝手な思い込みでしか
一つの狭い視点しかもてない君
私が馬鹿だったわ
最初から無理だったのよ
ご機嫌とりから始まった関係は
最初から歯車がずれていたのよ
だから
おわりにしましょう
君が友達と思っていたものは
勘違いにしかすぎないわ
自意識過剰な君は
それさえも気付けないでしょうね
すべては幻影
陰をもった蜃気楼
私は自分を大切にできない人間が
この世界で一番嫌い
悲劇のヒロインが一番嫌い
だから私は自由になるわ
囚われの姫はいやだもの
ハッピーエンドにしたいから
私の中から消してあげる
アドレス帳から消した瞬間
なにか重荷が消えた気がした
やっぱり、それだけの人だったのだ

こんな想いは
詩にかえて
私の中から消してしまおう
まるで
おとぎ話のように
本を閉じてしまえば話はおわり
こんな醜い私も
おとぎ話と一緒に眠りにつくの
バイバイ
世界一
孤独な君へ
最高のおとぎ話を贈りましょう
これが私から君への
削除の儀式
おとぎ話はこれでおしまい
続きは決してありはしない
たった一つの物語
03/12
ほしのことば
一人で夜空をみあげたくなった
ほしのことばが聴きたくなった
だけどここは星がみえないな
どこにいこうか
まずは歩いてみるか
目の前のこの道を
03/11
おやすみ
世界が眠りにつく瞬間に
あなたと手を繋いでいられたらいい
あなたの暖かさを
感じていられれば
世界が眠りについてもいい
03/10
つきひのそくど
あしたがくるよ
いつものように
きょうがおわって
またあした
そのつぎのひも
つぎのつぎのひも
またきょうがおわって
あしたがくるよ
そうしていつのまにか
たくさんのあしたが
きょうになって
きのうになるよ
そうしてきのうがおとといになって
かこになるよ
みらいからかこになって
いちねんがすぎてゆくよ
いちねんがふえてじゅうねんになって
それだけのなかで
どのくらいのであいと
わかれがあるんだろうなぁ
Copyright © 2005 夢幻想楼~伝言~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。