伝えたい言葉、と書いて伝言。
01 * 2008/02 * 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/21
ミチシルベ
足跡をたどるの
私より少し大きい足跡
あなたがあるいたすぐ後ろ
あなたと同じ歩幅で
あなたの足跡をたどる
まっしろな雪の上に残る道筋
ふりかえって気が付いた
ここには二人いるのに
足跡は一つ
なんだか不思議におもえた
あたりまえのことだけど
あなたがいなければ
歩けなかったね
スポンサーサイト
02/18
追憶の時の中
さみしさを押し殺して
あの日にさよならした
遠い遠い記憶の
貴方の笑顔が忘れられない
この先永遠に会えなくても
君の心に生きてるから
僕はずっとそばに居ると言った貴方の
後ろ姿を見送ったあの日
今でも思ってしまうの
貴方の手をとって
引き留めることができたなら
どんなによかったかと
だから
その日に私は止まったままにするわ
静かに目を閉じるわ
夢で貴方と永遠に
02/18
支え愛
貴方の太陽に私がなれたとしたら
貴方は私にとって
暗闇の中を導くお月さまなの
私がいないと貴方は光れなくて
貴方がいないと私は暗闇を歩けない
いつのまにか大きな存在
あなたが私の
この世界でたったひとりの人
02/07
自分の殻を脱ぎ捨ててしまおう
新しい私になればいい
なにもかも退屈なら
新しい場所に旅立つの
自分の過去を振り返らずに
これからの私に会いに行く
02/04
秒速
時計を動かそう
私の速度で
時計を動かそう
眠ってる私の中で
時計を壊さない
だって私は
必ず前へ進むから。
Copyright © 2005 夢幻想楼~伝言~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。