伝えたい言葉、と書いて伝言。
08 * 2006/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/30
時間の音
ちくたくチクタク
しずかな部屋に響く
時計の音が
なぜか心地よくて
チクタクちくたく
何も考えずに
ただ寝そべって天井をみつめて
あしたも
あさっても
ずっとずっと
電池がなくなってとまるまで
時を刻み続けるんだな
ちくたく
チクタク
時間の音
そのまま眠りのなかへ
スポンサーサイト
09/29
そぅ
言葉を書くのも
言葉を言うのも簡単だけど
言葉を消す事は難しい
09/26
雨音
あめのおと
地におちた音
窓にあたる音
傘をうつ音
水に落ちる音
どの雨音も
大好きな音
09/24
ゆらゆら
かげろう
ゆうやけ
赤いそら
この世の果てには
なにがあるかしら
ゆらゆら
かげろう
すずむしの声
もう秋も過ぎ行くのですね
いつのまにか夏に
別れを告げて
いつのまにかさむい冬です
しずかに
ゆらゆら
かげろうゆれる
明日まで
さようなら
09/22
きらきら
流れ星に願い事
夢が叶いますように
流れ星に願い事
世界が平和になりますように
09/21
止まる
私の中で時が止まっていて
だからこの時計は動かないんだ
たくさんのやりたいことと
大きな壁が一度にどっと押し寄せて来て
少し速く動いてた私の中の時が
耐えられなくて
止まってしまったのね
これはどうすればいいのか
そんなことも考えられずに
まわりの時間はすぎてゆく
いつのまにか頭の中も心の中も
真っ白になってて
気がつくと私の中の時も
ゆっくり動きはじめてた
まわりの時はそれ以上に
速く感じるけど
もういいや
私の中の時と同じように
歩き出してみようかな
でもまだちょっと無理かもしれない
すぐ止まっちゃうかも
でもあきらめたくないから
まずは窓を開けることから
はじめてみるよ
09/20
ながれ
私は立ち止まっても
世界は動いて
私が迷っても
世界は止まらない
09/15
ひこうき雲
消えそうなひこうき雲を
追いかけながら
知らない街まで歩いてみるの
なにか不思議なできごと少し期待して
ひこうき雲を
たどりながら歩いて
ついた街はどこか
なつかしい香りがした
まるで野良猫みたいね
一人気ままに
風を感じて
解き放たれたきがした
明日からは何かが
違うような気がする
そしてまた歩きだそう
この先の未来まで。
09/14
自分さがし
たんぽぽの綿毛みたいに
ふわふわと風にのって
しらないところへ
飛んでゆけたらいいのにな
09/13
人生
なんで、人生って一度しかないんだろう
あ、そうか
やりなおせないから
儚いのか
09/12
呪文のように
「さよなら」は哀しすぎるから

「さよなら」は忘れられない

「さよなら」は永遠だから

「さよなら」はあなたには言えない

「さよなら」は私がいなくなるとき
 心の中で小さく呟く
 それは私だけのおまじない
 
 生まれ変わっても
 みんなにあえるように

「さよなら」
09/05
そらにひろがる
このそらに
おもいをはせて
このそらに
あのひをえがいて
このそらに
ちいさなねがいを
このそらが
きぼうになるように
このそらを
ぼくらがまもろう
09/01
信心
大切なのは
信じる心
大切なのは
思いやる心
大切なのは
自分を見失わない心
大切なのは
強く優しい心
Copyright © 2005 夢幻想楼~伝言~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。