伝えたい言葉、と書いて伝言。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/04
はじめに
常にこの記事が一番上になるように設定しています。
この記事の一つ下からが最新の詩になります。

ここに書かれる詩の無断使用・無断転載は堅く禁じます。
著作権はすべて桜木燈歌にありますゆえ。守ってくださいね。


感想や質問などは、本家のメールフォームからお願いします☆
スポンサーサイト
03/11
ありがとうと
涙がでそうで出ない夜
もどかしくて
思い出して
あの日の夜もそうだった
真っ暗な街の中
夜空の星だけがキラキラ輝いて
眩しくて
なにもないと思ってた
真っ暗な暗闇の中に
たくさんの優しさが
光り始めた時
ぽつり、ぽつり、
灯りが灯ると
次々と繋がって
輪になって
新しい明日へと
導いてくれた
たくさんの優しさに
涙がでそうになるくらい
たくさんのありがとうを
届けたいと思ったんだ
02/04
ぽかぽか
ふと想う。
きっと今、笑ってるんだろな
とか。
ふと想う。
隣に大切な人がいて暖かいのかな
とか。
そんな貴方を想うだけで
私も少し
心がぽかぽかするよ
願うのは
貴方の笑顔が、
私の好きな笑顔で
ずっと素敵でありますように
貴方がくしゃっと笑顔になるだけで
私は幸せだから
09/05
どうしてかな
届かないと
知れば知るほど
貴方に惹かれてゆく
どうしてかな
叶わないと
わかっているのに
とめどなく溢れてくる
ぎゅっと抱きしめてほしいと
願っても
あとに残るのは虚しい心
触れたいよ
伝えたいよ
抱きしめて
囁いてよ
私だけのために
歌ってほしいよ
そんなことばかり
考えてしまう
09/05
さよならは言わないけれど
ひとつ、大人になって
急にさびしくなった
目を瞑ってたことが
本物になって
まるで、それが主張してるみたい
最後まで
想いを伝えることはできなくなってしまったけれど
きっと私は
ずっと
想っているよ
チリチリと痛む
胸のキズと一緒に
Copyright © 2005 夢幻想楼~伝言~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。